伊賀忍者を知りたい!ヘッダーイメージ

忍者といえば、やっぱり伊賀流

「忍者」って、ちょっと心くすぐるワードじゃないですか?

そのミステリアスな存在ゆえに、昔から映画、ドラマ、小説、漫画などで取り上げられ、人気を博していますよね。忍装束とか武器とか忍術とか、くすぐられポイントは 数多くある上に、「掟」「密命」「悲しい運命」といった心惹かれるテーマを帯びているのが人気の理由ではないでしょうか。

忍者と言えば伊賀流と甲賀流が有名ですが、今回は伊賀流にスポットを当てました。なぜか映画や小説などで取り上げられるのは伊賀流が多い気がします。 忍者界でもっとも有名な人物・服部半蔵も伊賀流です。

そんな忍者について歴史やどのような生活をしていたのかなどを掘り下げてみました。このサイトで伊賀忍者ワールドにどっぷり浸ってください。

忍者と歴史

まずは忍者の基本情報をご紹介します。流派とその歴史についてまとめました。
忍者というと戦国時代から江戸時代にかけてのお話しが多いのですが、意外や意外、もーっと古い時代から存在していたんですよ! 驚きです。

詳細はこちら

服装・武器・忍術

忍者と言えば、あの独特の装束。そしてこれまた独特な武器。さらに繰り広げられる驚異の忍術。忍者についてもっとも知りたいと思うこれらについて解説します。
伊賀忍者の故郷である三重県伊賀市の市議会議員さんたちが全員忍者の格好をして議会をする、というニュースを以前拝見しました。とても面白い映像でした(笑)

詳細はこちら

忍者修行

忍者に修行はつきものです。小説やドラマなどではジャンプ一つで高いところへ移動したり、風よりも速く走ったりしますが、実際のところはどうだったんでしょう・・・。 そういえば忍者ハットリくんも毎日修行をやっていたっけ。余談ではありますが「忍者ハットリくん」は作者である藤子不二雄Ⓐ氏のいちばんお気に入りの作品 なんだそうです。ハットリくん(ハットリカンゾウ)は伊賀流で、ライバルのケムマキは甲賀流です。あっ、伊賀が世間的に主流になってるのって、もしかしてここから来てるのか!?

詳細はこちら

外国人は忍者が好き

外国人に「日本と言えば?」と質問すれば、スシ、サムライ、フジヤマなどに並んでかなり高い確率で「ニンジャ」という回答が出てくると思います。 特に日本びいきの外国人は武士や忍者が好きですよね。伊賀でやっている忍者体験などは、もしかしたら日本人より外国人のお客様の方が多いかもしれません。

詳細はこちら

ページのトップへ戻る